1/35スケール『現代ロシア歩兵Вежливые люди(礼儀正しい人々)』とクリミア併合のイデオロギー的正当化

f:id:RussiaRonin:20190217234328j:plain

プラモデル1/35”ヴェージリヴィエ・リュージ(礼儀正しい人々)”

 

プラモデルと化して販売されていたので、思わず写真を撮ってしまいました。2014年にクリミア半島を占拠した事実上のロシア軍部隊、通称”礼儀正しい人々”です。彼らは「ロシア正規軍によるクリミアの占領はない」という建前を守るために、徽章を外し覆面をかぶって所属を不明にしました。

 

クリミア併合から早くも5年が経過しました。ロシア浪人はこのプラモデルを見て、4年前にモスクワの博物館でクリミア併合に関する展覧会を撮影していたことを思い出したので、今回の更新はそれをテーマに記事を書いてみたいと思います。

 

 

f:id:RussiaRonin:20190218000028j:plain

クリミアの帰属を問う住民投票への参加を呼び掛けるポスター。”3月16日ファシズムに反抗する住民投票 ロシアの一部としての明るいクリミアの未来のために”

 

続きを読む

ソヴィエト映画紹介(1)ーアニメ絵で描かれたソヴィエト映画

ネットでアニメ風に描かれたソヴィエト映画の一コマを発見したので、アップしてみます。ロシア通の皆さんは何の映画か当てられるでしょうか?

 

f:id:RussiaRonin:20190216032723j:plain

 

f:id:RussiaRonin:20190216032851j:plain

 

f:id:RussiaRonin:20190216033034j:plain

 

f:id:RussiaRonin:20190216033059j:plain

 

続きを読む

ロシア漫画『扇風機マン(Человек Вентилятор)』

f:id:RussiaRonin:20190213031211j:plain

スーパーヒーロー『扇風機マン(チェラヴェク・ヴェンティリャータル)』

去年、「アニマニア」(ロシアでのアニメオタクのイベント)に行った時に強烈なタイトルと表紙に惹かれ、即購入しました。画風がアメコミ風なのと、舞台がアメリカなので、最初は翻訳されたアメコミだと思ってましたが、出版社『ピクセル・フ・ラムケ(PIXEL V RAMKE)』から販売されている純ロシア産マンガです。

 

続きを読む

ロシアで増殖するニート―ある一自宅警備員へのインタビュー―

  • 釣りのようなタイトルで申し訳ありませんが、ニートといっても無職のことではありません。最近ロシアでこのコスプレが流行しているのです。

 

 

f:id:RussiaRonin:20190210050100j:plain

 

ご存知の方も多いと思いますが、いわゆる「自宅警備隊」のコスプレです。私のモスクワの友人の一人に、たまたまこ自宅警備隊コスプレ集団のメンバーたるゴーシャ君がいますので、今回は話を聞いてみることにしました。

 

続きを読む

Мат講座(1)ーМатを使う日本人ー

一定以上のロシア通やロシア語学習者の方なら、Мат(マート)について既にある程度ご存知かと思います。МатとはロシアのDQNが使うスラングの体系で、テレビなどで使用されるときは必ずピー音で消されます。Матは非常に膨大で、悪態・罵倒やセックスに関係する言葉に留まりません。しかし、ネガティヴな意味を持っていないМатであっても、公の場で使用することは許されません。例えば、学生や部下が、教授や上司に対してМатを言えば、それだけで退学や解雇になり得ます。

 

Матはタタールの軛時代にモンゴル人・タタール人が持ち込んだ、という俗説がロシアには存在しますが、実際にはモンゴルの襲来以前から有り、古代スラヴ語に端を発しているようです。そのことは、以下の動画の7:30-50でも「タタール人(の襲来)までロシア人がМатを話さなかったというのは神話」であると明確に言われています。

 

www.youtube.com

 

動画:18分で分かるロシア語(の歴史)

  

続きを読む

ブログ開設のご挨拶、テッサ・ヴァイオレットはいかにしてロシア・ナショナリストの女帝になったか

皆様、初めまして。ロシア浪人と申します。ロシア在住の日本人でございます。当ブログではインターネットミームから政治情勢までロシアについての様々な情報を発信していきたいと思っています。ロシア通やロシア語学習者だけでなく、幅広い読者層に楽しんでいただける内容にできればいいな、と思っています。

 

さて、初回の投稿とはいえ、挨拶だけで終わらせるのもなんなので、とりあえずタイトル画像とプロフィール画像の紹介でもしておこうかな、と思います。

 

続きを読む